FC2ブログ

記事一覧

評伝「山野浩一とその時代」第14回

2021年1月28日頃発売の「TH (トーキング・ヘッズ叢書)」No.85連載「山野浩一とその時代(14)/企業のPR映画と、劇団表現座への参画」が掲載されています。1962-63年に山野浩一さんが関わった映画を2本、新発見し、そちらを紹介しています。また、寺町修司を介した、異色の劇作家・竹内健との関わりも詳述。http://athird.cart.fc2.com/ca1/312/p-r1-s/...

続きを読む

評伝「山野浩一とその時代」第13回

2020年10月28日頃発売の「TH (トーキング・ヘッズ叢書)」No.84に連載「山野浩一とその時代(13)/原案・原作・脚本をつとめた『戦え! オスパー』」が掲載されています。ニューウェーヴSF作家の山野浩一にとって、『戦え! オスパー』はどういう仕事だったのか――関連スタッフについての研究を交え――資料を駆使して多角的に検証していきます。http://athird.cart.fc2.com/ca1/304/p-r1-s/...

続きを読む

評伝「山野浩一とその時代」第12回

2020年7月29日頃発売の「TH (トーキング・ヘッズ叢書)」No.82に連載「山野浩一とその時代(12)/手塚治虫原作『鉄腕アトム』および『ビッグX』への参画」が掲載されています。手塚治虫と萩尾望都の対談から、世代の分水嶺となっていた山野浩一を考察しつつ、手塚が山野をどう捉えていたかについても射程を広げ、そして豊田有恒の証言を検証しています。http://athird.cart.fc2.com/ca1/298/p-r1-s/...

続きを読む

評伝「山野浩一とその時代」第11回

2020年4月30日頃発売の「TH (トーキング・ヘッズ叢書)」No.82に「山野浩一とその時代(11)佐野美津男の「橋」に空いた穴」が掲載されます。佐野美津男が「NW-SF」に連載した小説「街の冒険者」と、現在でも復刻されて広く親しまれている児童文学の代表作『ピカピカのぎろちょん』の共通点を論じ、また子ども調査研究所の高山英男氏による山野浩一インタビューを紹介しています。http://athird.cart.fc2.com/ca1/293/p-r1-s/...

続きを読む

評伝「山野浩一とその時代」第10回

2020年1月29日頃発売の「TH (トーキング・ヘッズ叢書)」No.81に「山野浩一とその時代(10)高橋和巳VS大久保そりや」が掲載されます。タイトルは立花隆の名著『中核VS革マル』へのオマージュです。今回は大久保そりやに焦点化しています。氏が寄稿した『革命的暴力とは何か?』について詳しく論じ、大久保が反論していた高橋和巳の「内ゲバの論理はこえられるか」をも扱いました。http://athird.cart.fc2.com/ca1/285/p-r1-s/...

続きを読む