FC2ブログ

記事一覧

評伝「山野浩一とその時代」第5回

「TH(トーキング・ヘッズ叢書)」No.76に、評伝「山野浩一とその時代」第5回(岡和田晃)が掲載されています。「山野浩一とその時代(5)映画『デルタ』の思想と「NW-SF」創刊前夜」http://athird.cart.fc2.com/ca1/245/p-r-s/...

続きを読む

「読書人」連載の山野浩一氏追悼企画が完結

「週刊読書人」2018年6月29日号に、山野浩一氏に追悼パネル・レポート(岡和田晃)が掲載されましたいまはウェブでも無料で読むことができます。https://dokushojin.com/article.html?i=3593これと連動し、電子版限定でも山野浩一氏の追悼パネルの仔細きわまるレポートが連載され、このたび完結をみました。ぜひお読みください。参加者:荒巻義雄(作家)、増田まもる(翻訳家)、巽孝之(慶應義塾大学教授、SF評論家)  司会・...

続きを読む

「図書新聞」に「山野浩一さんを偲ぶ会」レポートが掲載

「図書新聞」2018年10月13日号に、「「山野浩一さんを偲ぶ会」レポート “新しい波”のSF運動を日本に定着 山野浩一が展開したのは“世界文学としてのSF”にほかならない」(岡和田晃)が掲載されました。大きな記事で、写真も三葉添えられています。本日発売(コンビニのマルチコピー機による有償ダウンロードは明日から)の2018年10月13日号の「図書新聞」に、「「山野浩一さんを偲ぶ会」レポート “新しい波”のSF運動を日本に定着 山...

続きを読む

評伝「山野浩一とその時代」第3回・第4回

「TH(トーキング・ヘッズ叢書)」(アトリエサード)にて、評伝「山野浩一とその時代」(岡和田晃)の連載が開始されています。・第3回「脱領域に踏み込む「小説世界の小説」」(「TH」No.74)http://athird.cart.fc2.com/ca1/231/p-r1-s/・第4回「SF時評とSFの定義」(「TH」No.75)http://athird.cart.fc2.com/ca1/237/p-r2-s/...

続きを読む

山野みどりさん逝去&墓所の名称・住所

 御遺族より連絡と公開許可をいただきました。「山野浩一さんを偲ぶ会」の1週間後、山野みどりさんがお亡くなりになりました。8月に介護施設の方で荼毘に付され、今は山野浩一さんのお墓(八王子)へ一緒に埋葬されているとのことです。 墓所の住所と名称は、「東京都町田市相原522-1 メモリアルパーククラウド御殿山」です。JR横浜線橋本駅から、タクシーで片道1000円~1400円程度とのこと。(写真提供:辻一郎さん)...

続きを読む